AI・人工知能と4K8K機材展へ行って来ました

今日はビックサイトで始まったAI・人工知能expoと4K・8K機材展へ行ってきました

昨今AIや人工知能の話題が凄まじく、弊社でも何か取り入れられる事案はないかと市場調査へ

流石今一番成長分野とあって人の活気が凄かったです

沢山のセミナーも行われていましたが、時間の関係で一つだけ参加させていただきました

AIといっても先ずどんな活用があるのか?どんな展望があるのかをしっかりと見定めないと

時間とお金を使ってしまうだけで成果が得られないのかと思います

導入するにあたって、直ぐにすべてが置き換えられるわけでは無く

先ず人とのサポートになるのかと

様々な出展ブースを回りましたが、AIはツールとして考えるべきなのかと

人間に置き換えられるわけではなく、しっかりとした教えをすることが大切で

言ってしまえば教えたことしか出来ないということ

でもその教えられたことを瞬時に的確にそして正確に行動してくれるようになるのには

やはり人の力が必要で、ぼんやりしか見えなかった物がやっと分かってきた感じがしました

まだまだサービスでも一部のサービスしか出来ませんが

成長して人の手がかかっているものが無くなれば、またより良いサービスが生まれるし

サービスの質が上がる楽しみを含んでいますね(^^)

その後今年から8K配信が始まる4K・8K機材展へ

映像の分野は4Kが主流になってきてますが、8Kが目前に迫っています

8Kとはハイビジョンテレビの4倍のきめ細やかさになります
映像のサイズ的には、7680×4320と横サイズが約8000ピクセルとなるので8Kと言われています

ちなみに、Nikonから出たプロ向けカメラ、D820という最新のカメラが有りますが

7360×4912とほぼ写真の大きさを超えています

これは写真をやっている者としては脅威のことなんです

間違いなくスナップ撮影に関しては写真と映像はシームレスになると思っています

映像を撮りながら写真も撮れる

両方の技術を持ち合わせ無いと駄目だと思います

スタジオでのストロボ撮影は残ると思いますが

それも時間の問題でしょうね

8Kはまだまだハードルが高いですが

時代とともに変わっていくでしょうね

楽しみです(^^)

 

同時開催されていた最先端技術展も覗き見しましたが

ゲームやAR、VRが数多く出店されていました

帰るときに入り口で見つけたスペシャルゲスト!

 

瀬戸内寂聴さんではありません^^;

誰?って方は若い人かな~

 

私は完全に世代でした!

 

『高橋名人』(^^)

 

16連射というファミコン世代には懐かしい方が講演を行っていました

 

革新的な技術を取り入れて

働き方改革をしていきたいですね!

 


 

お仕事、撮影のご相談、お問合せ等は簡単便利なLINE@から
レターポットはじめました☆